吉祥文様の訪問着

2016-02-17

image-1

image-3


胡蝶蘭と木蓮

春らしい淡いピンク地の訪問着。
吉祥文様のひとつ、宝尽し(打ち出の小槌、金嚢、隠れ蓑、隠れ笠、丁子、宝剣、宝輪、法螺など)を散らし、全体に組紐を華麗に配しています。
福徳を招く文様として喜ばれ、祝儀のきものや帯などによく用いられます。